イタリアの暮らし情報、イタリア人のあれこれ。 ファッションの話や男女の事情についても教えちゃいます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美の基準というのは、時代によってもずいぶん違うものですが、国によってもずいぶん違うものだということに、こちらに生活するようになってから気づきました。

私たち日本人は、美についても欧米基準になっていることが多いですよね。
美人の条件、スタイル、ファッション、生活様式など、すべての面で、もはや日本の伝統文化よりも欧米のものにあこがれている人が多数派ではないでしょうか。

欧米人の顔立ち、スタイルにあこがれ、より近づこうとファッションをいち早くとりいれ、髪の毛を染めたり、目を二重に整形したりするのも、美の基準が欧米基準になっているからだと思います。

私も、かつてはその一人でした。

髪の毛も思いっきり茶髪にしてました。
それなりに似合っているつもりでした。

でもね、イタリア人といろいろ交流しているうちに気づいたんです。

あくまで、日本人本来の姿でいることが、一番彼らには魅力的だということに。

たとえば、欧米の女性の着物って、なんかいまいち違和感ありますね。
そんな感じなんです。

もともと、いろいろな髪の色、目の色の人が入り混じってます。

髪の色もシーズンごとに金髪から黒髪にかえたり、自由に楽しんでいる人が多いのですが、
残念ながら日本人がそれやると、笑いものになっちゃうんですね。

イタリア人が、日本人の女性にあこがれる部分があるとしたら、
黒くてこしのあるまっすぐな髪、切れ長の目、小さな鼻なんです。

たとえば、ルーシー・リューって目なんかもわりと細いですよね。
彼らにとっては典型的な東洋美なんです。

つまり、日本人があこがれているのと、正反対なんですよ。

日本人が欲しいのは一般的に、二重で大きな目、高い鼻、細くて柔らかく明るい色の髪、でしょ?
そしてさらに、色白の肌ですよね。

これもイタリアでは色白の肌は、全然なんです。
小麦色になりたくてなりたくて、しょうがないんです。

UVが危ないということは、みんな承知ですけどね。
夏になるとどうでもよくなっちゃうんです。
白い肌はかっこ悪いですから。
しみ、そばかすなんて全然こわくないんです。

話が脱線してしまいましたが、
そんなわけで、私はあくまで髪の色は自然のままにすることにし、
彼らにとって日本人らしくしていることにしました。

そうしたら美しいイタリア人女性に囲まれても劣等感を持たなくなりました。

そして、日焼けをしてはいけないという今までの固定観念も捨て去りました。

こんなことでも、郷に入れば郷に従えです。

人生は楽しまなきゃ!

そもそもここに住みに来てしまったのは、そんなイタリア人の気質が大好きだからです。

 


 次回は、日本とこんなに違う!イタリア人の美容整形についての話をしようと思います。


応援クリックよろしくお願いします。→ FC2 Blog Ranking


既存のMIXIノウハウを完全破壊!あなたの人生を変える!【リミクシィマーケティング!】



TOP
スポンサーサイト
イタリア人といえば、美意識の高さでもよく知られていると思います。
確かにセンスがいい人が多いです。

どのようにして、美意識が保たれるのか? 考えてみました。


★生まれた時からずっと身近に触れてきた歴史的な建物や、歴史的芸術品は、アートに対する意識を高めます。

★イタリアの家の中は、インテリアにこだわっているだけでなく、無駄なものをいっさい表に出さないできちんと片付き整理されていて、幼いころから、きちんとするという感覚を育てます。

★自分のファッション計画を立てたり、ファッション感覚を磨くのは、近所のお散歩で十分です。
それぞれの区域にあるショッピングゾーンでは、どこもセンスのあるショーウィンドウのお店が並んでいて、イタリア人は子供から老人まで、目的もなくショーウィンドウを眺めながらお散歩するのをこよなく愛しています。

★おしゃれをがんばる機会が必ずあります。
少なくとも、年に何回かは、人が多く集まるホームパーティーがあるので、最低でも必ずおしゃれをする機会があります。

★身なりによって、世間の態度がまったく違うことを、身をもって知っています。
この変わりようはすごいですよ。
服装によって、例えば店員とか、レストランの従業員とか、銀行員とか、とにかく接客態度の違いのあからさまなこと!
だから、大事な時は、きちんとしなければソンだと思っています。
キチンとした服装をすることは、時には最大の武器になります。


ちなみにイタリア人といっても、意外と普段は地味なんですよ。
とくに若い女性は普段あまりお化粧もしないで、いつもジーンズ姿。
日本の女子大生とは、それこそ大違いです。

それが、お出かけの時、夕食パーティーの時など、機会さえあれば、大変身するんですね。その変身ぶりを自他ともに楽しんでいる気がします。

それに、おしゃれの価値や基準も日本人とちょっと違う気がします。
ごくわずかな上流階級の人達を除いて、ブランド志向はまずありません。
何を持っているか、どこの服を着ているかではないんです。
いかに自分に似合っているか、着こなしているかが勝負なんです。
むしろ安い服を見つけておしゃれに成功した時は、自慢になります。

そして何より一番気持ちいいのは、相手が女同士であろうと、ただの異性の友達だろうと、相手のことを今日は素敵だなと思ったときは、時には大げさにほめること。

イタリア人は男性も女性もほめ上手です。
これはファッションに対する意識にも、かなり影響してるような気がします。






応援クリックよろしくお願いします→FC2 Blog Ranking


SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


TOP



イタリア男はマザコン?

こちらに住みに来て、イタリア語も話せるようになってくると、イタリア人の友達もできるようになりました。

平日忙しかった私は、土日に一緒に遊びたいと思っていました。

東京に長いこと暮らしていたので、デートでもおいしいものを食べに行ったり何かを見に行ったり、イタリアでもそういうもんだと思っていたんです。

ところが!
彼らは土日、空いてないんですよ。
とくに食事前には自然に解散ってことが多いんです。

土曜日の夜10時ころ集合でパーティーとか、飲みに行くとかそういうお誘いは時々あったけど、それ以外は全然。

なぜだと思いますか?
そう、みんなマンマのところで食事するからです。

土日のマンマのところでの食事が、1週間に唯一家族全員が集まる大切なイベントだったりするんです。


そしてもう一つ理由があります。

ローマで暮らしている若い人の多くは、アパートを何人かの友達でシェアして住んでいます。
実際わたしも、長いことルームシェアしてました。

一人暮らし用のアパートやマンションというのもほとんどないし、そうでなくても家賃高いんですよ。
ローマの家賃は東京並みです。むしろ1部屋でも東京のワンルームマンションくらい高くなってしまいました。
それなのに、平均給料は日本人の約半分くらいです。

だから、まず若い人たちはあまりお金を持っていない。
極力お金を使わない遊び方をするんです。
たとえば、誰かの家に遊びにいく、外をふらふら散歩するなど。

レストランも若い人同士ではなかなか行けません。
安いピッツェリアでわいわいさわぐか、そうでなければそれぞれの家に招待しあっての食事がほとんどです。

それか食事前には、解散パターンですね。
【じゃあね、私(僕)マンマのところにご飯食べに行くからね、チャオ!】
って感じです。

もともと家族は大切だから、とくに両親が比較的近くに住んでいれば、土日は実家に帰るのはごく当たり前。

最初びっくりしました。男友達と、日曜の午後に会ったとして、【じゃあ夕飯はマンマのところで食べる事になってるからー】
なんて聞いた時は、え~って感じ。
やっぱりイタリア男はマザコンだーと思いました。

でも住んでいるうちに、根本的な違いがわかってきたんです。
平日はわいわい友達と過ごすのが好きでも、土日はマンマの料理を食べに行ってのんびりするというのはほんとうに当たり前。
だから、誰もなんとも思わないし、最強の口実でもあるんです。

ようは、家族が絶対の安らぎなんですね。

だから逆に、彼らがそれを犠牲にしてまで、あなたに会おうとするとしたら、それはかなり入れ込んでいると判断できるんですよ。

マンマの味とともに家族で集まって雑談する、いつもの安らぎ……………それを超えられなければあなたになかなか会ってくれません。

イタリア人はほんとうに人懐っこいですが、最初のころはこの家族の壁に閉ざされて、孤独感をあじわったものです。
女友達とでも話は同じ。彼らの習慣に頻繁に立ち入るわけにはいきません。
こんなわけで、イタリアで完全に一人で暮らしていたころ私は、日曜日が大嫌いでした。




応援のクリックよろしくお願いします。→FC2 Blog Ranking

TOP
イタリアクリスマスは、日本のそれと意味合いや雰囲気がずいぶん違います。
なにせカトリックが伝統の国。

ほとんどのヨーロッパはそうだと思いますが、クリスマスは宗教的な意味をもった1年のうちでもっとも重要な行事です。

まだ街のイルミネーションなどはないですが、クリスマスの話題がよくでてくるようになりました。

こちらでは、クリスマスは完全に家族的なもので、たいてい、親戚一族がどこかの家で集まります。カップルだけで過ごす人というのは、まずいません。
みんな、24日の夕食時に集まって、次から次へと出てくるご馳走を食べながら、延々とわいわい騒ぐのです。
そうやって、場所とメンバーを変えつつ食べながれ、という状態が26日まで続きます。

ちなみに、イタリアクリスマスに旅行するのはやめたほうがいいですよ~。
みーんなお休みですし、街もがらんとしていますから。

イタリア人はみんな家の中にこもってしまうので、外には人っ子ひとりいない状態になりますから

ところで、イブのためのプレゼントは、全員分を用意しなければいけないので、とってもたいへんなんですよ。
私もそろそろ準備しなくちゃいけません。

イブの夕食後12時を過ぎて、25日になるのを待って、みんな一斉にクリスマスツリーの下に積んであったプレゼントの山から、一人一人に渡して開封しあうんです。

みんなが一番大好きな瞬間。

そのときの混雑振りはすごいです。
あちこちでプレゼントが開封されて、喜びの声が響きます。

子供たちはこの瞬間をなんと心待ちにしてること!

イタリアの子供たちは、本当に幸せそうだなと思います。


もっといろいろブログを見たい人はここをクリック  FC2 Blog Ranking








TOP

イタリアに住んでいて楽しいなと思うのは、外に出るだけで新しい出会いの機会があること。

見知らぬ人どうしでも、きっかけさえあれば、話しかけ、時にはおしゃべりが盛り上がったりするんです。

バールの中、郵便局の順番待ちの時、ショップの中、レストランでの隣の席の人達と、そしてバスの中..............

だからイタリア人は、外に出て人と交流するのが基本的に大好き。

たとえばカップルで行動する時も、それは同じです。2人だけの世界を楽しむというより、出かける時は、一緒に外での人との交流を楽しむという感じかな。

おしゃべりや、くだらない冗談をいいあうことで、日常のストレスを発散してるんですよ。

え? イタリア人にストレスあるのかって?

はい、こちらで生活するのは、はっきりいってすごいストレスたまります。仕事の以外のことでですが。

まぁ、どんなことでストレスがたまるのかは、これから少しづつお話していくことにしますね。

あ、そういえばもう一つ日本と違うのが、カップルが人前でイチャイチャしてしてても、だ~れもな~んとも思わないところ。

カップルがイチャイチャするのも自然なこと、当たり前のことという感じですね。

両親の前でも、大勢の友達の中でも、自然にイチャイチャしてます。

2分おきくらいに、チュッとかやってます。

日本で育った私には、いまだに自分でするのは抵抗あるんですよねー。

10年生活してても、イタリア人にはなりきれません。



ルイ ヴィトン・コーチ・シャネル・グッチ等が毎日激安!日本最大級のブランドショッピングサイト eブティックヨーロッパ





TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。